2004年11月09日

ニューコスプレ焼肉


 かなり久々のブログ更新で遅くなってごめん!!後半はアエラふうを意識して会話文で終わらそうと意識して書きました。前半、かなり先生文やけど、ちょこちょこ変えたつもり。気づかない程度かもしれないけど。また意見やアドバイス、あったらブログに書いてなー☆


 「勘違いが腹がたつ」
ジューっと音を立てて、スジだらけの安そうな肉が、網の上で焼けていく。なれない手つきでひっくり返そうとするのは、医療介護の専門学校に通うリカさん(仮名)。
「あ、もう焼けてるよ、これ」と、あきらかに生焼けの肉をつかんで皿に移そうとする。箸の持ち方がぎこちない。やっとつかんだ肉も野菜もポロポロ落とす。そのたびに、はにかむ笑顔がかわいらしい。
 リカさんは、コスプレ喫茶で2ヶ月前から働いているアルバイトだ。黒いミニのメイド服に、セクシーな網タイツを着た彼女は、大阪・日本橋の「焼肉まる」(店名、仮称)で、夜の六時から十一時まで、お客さんのために肉を焼く。
 客は男性ばかり。食べ放題で四千円を払い、九十分のあいだ、肉を食べながら女の子との会話を楽しめる。女の子はテーブルに交代で二人〜三人つく。指名料千円を払えば指名もできるという。
 リカさんは、セクシーな格好に不釣合いなほど、どこかほのぼのとしていやらしさがない。どうして、彼女はコスプレ喫茶で働いているのだろう。
「やっぱり、時給がいいからかなぁ。一三○○円は大きいでしょ。家からも近いし。」
 答えながら、焼きすぎて黒こげになった野菜を皿にとってくれた。きっと普段は家で料理もしないのだろう。
「でも、明日でこのバイト、やめちゃうんですよ。」 彼女は少し残念そうにうつむいた。なぜ、やめるのだろう?
「じつはー、このバイト、彼氏にバレちゃったんですよ。それで別れちゃって。でも、ヨリ戻したいから、もうやめよかな、て。」
 なるほど。でも、なんで黙っていたのだろう。
「そりゃあ言えないですよー。彼氏どころか、親にも言えない。」リカさんの箸が止まった。
「べつにやましいことするわけじゃないけど、やっぱこんな格好だし、ね」
そういいながら、リカさんは改めて自分の着ている服を見回した。短いスカートからは、太ももがほとんどのぞいている。
 そのコスチューム、お店が選んで着させるの?
「ううん、自分で選べる。」
意外な答えが返ってきた。
「いつもは女子高生ぽい制服着てるんだけど、今日は気分転換てゆうか。セクシーなの着てみたかったの。これ友達と交換したんです。あ、お客さんのリクエストがあったら着替えますよー。」
 あとからテーブルについたアヤさん(仮名)も、
「そうそう。みんな毎回露出が少なめのやつを選んでるよね。毎回変えるのとかもめんどくさいしねー」と、あいづちを打つ。そういう彼女の格好は、ピンクサテン生地の激ミニナース服。
 コスプレ焼肉で働くということは、すくなからず客に性を提供することになるのでは?
「たまに勘違いして触ってくる人とかいるけど、そういう客が一番腹たつ。」
 アヤさんは、ふくれ面で机をポンッと叩いた。隣でリカさんもうなずいている。
「あと、やたらじろじろ見てきたりとか。ほんとキモいよねー。」
「うんうん」
 もう二人とも箸をおいて、話に夢中になっている。かわりに私たちが、残りの肉を網の上においた。
「でも一番ムカつくのは、自分らだけで話してて、私に無関心な客。」
「いるいる。かなりムカつくよねー。」
え、なんで?
「だって、私いらんやん?ってなるし。」
「だったら自分らだけでフツーの焼肉屋にいけばいいやんってかんじ。」
 話を聞いていると、彼女たちの言うことはどこか矛盾している。“コスプレ焼肉”には、男性が性的なものを求めて来ているということを十分理解しつつも、性的な目で自分のことを見られるのは嫌がっているのだ。
 「お客さんが“コスプレしている女の子”を見にくることはわかってる。だって私らそのためにお客さんが好きそうな格好してるんだから。」と、リカさん。
 「うん。そうそう。メイドとかナースとかって男のひと、好きだもんねー。でも、見るだけにしてほしい。もちろんフツーに喋ったりは全然いいけど、ケータイ聞いたりとか、必要以上のことされるのはうざい。」といって、二人そろって顔をしかめる。
 
「いやらしいのは制服だけ」
彼女達は、男性客への不満を口にするとき、二言目には、「ここはキャバクラと違うんだから。」という。
でも、それってどう違うの?
リカさんの箸がまた止まった。少し考えてから、
「キャバクラは女の子がそれこそ男の望むままに、演じたりしなきゃいけないでしょ?それに自分を売ってるかんじがする。」
「わかるわかる。いやらしいことされても、文句いえない気がするもん。」
じゃあ、ここで働くことに抵抗はないの?
「抵抗?そりゃ彼氏とか親のこと考えたらちょっとはあるけど、自分自身ではないよ。」
リカさんは、なんで抵抗あるの?とでも言いたげな顔でこっちをじっと見返した。
「だって、ただの焼肉屋さんだもん。こうやってフツーにお客さんと話して、肉を焼いてあげるだけだよ?」
そう、彼女らにとってこの場所はあくまで焼肉屋さん。
彼女らにとってキャバクラは女性が性を売る空間。逆にコスプレ焼肉はコスプレが性を背負い、自分たち自身は性を売っていない空間なのである。
 彼女らにとって、性を売ることはそんなに簡単なことではない。少なからず、抵抗があるのだ。だからこそ、コスプレやコスプレ焼肉という空間によって、性の認識を変えているのだ。
 ふと、彼女らを見ると、お互いの彼氏の話をしながら盛り上がってる。さっき頼んだごはんのことは、もうすっかり忘れている。
リカさんがぎゃははっと大声で笑い、「何言ってんの!」とアヤさんがつっこみを入れる。
 彼女たちは、あくまで自然体だ。そこにはいやらしさは見受けられない。いや、むしろいやらしく見られないように努めているのかもしれない。
「いやらしいのはコスチュームだけ。」そう言いたげだった。
「じゃあ、そろそろ帰るね。」 
腰をあげると、やっと気づいてあたふたと立ち上がろうとする。勢いあまって箸が落ちた。
帰り際、「今日はありがと。また来てねー。」とリカさんが手を振った。明日やめるんじゃなかった?と聞くと、あそうだったと舌を出した。
「でも、もしかしたらまたいるかもしれない。ただの飲食店のバイトだって彼氏に理解してもらうつもりー」


posted by なおみ at 23:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こーへいの希望により岡本さんのブログに記事載せます。何か全然できてないけどとりあえず流れだけ載せます。

『メトロ大学開講』
8月某日、私たちは京都のとあるライブハウスに出かけた。今夜、ここで「コスプレ」についての講演会が開かれるという。このライブハウスは、毎月数回、カルチャースクールとして様々な分野の人々を講師として呼び、まるで大学のように講座を展開している。創立14周年を機に、文化創造と発信の“場”として始めたのだというが、とても斬新な試みである。
普段はライブハウスなのに、中は暗くてひっそりとしている。ドキドキしながら中に入ると、そこには小さな舞台を前にして椅子がずらっと並んでいた。その光景に多少圧倒されながらも、私たちは迷わず一番前の席を選んだ。すると店の奥のほうがなにやら奇妙な光景だった。コスプレの衣裳に身を包んだ人々が、まだ始まる前だというのに楽しげにアルコールをあおっている。メイドのような服に身を包んだ女の子と、なにかのキャラクターを意識したであろう男の戦闘服…。そしてよくわからないアニメのTシャツの男が二人。皆、一様に異様な雰囲気だったが、どうやら彼らが今夜の主催者であるらしい。そう、彼らこそ今夜の主役であり、そして私たちの講師なのである。
 「えー、では少々時間はずれ込みましたが、これよりメトロ大学“コスプレ講座”、始めていきたいと思います!どうぞ、本日はよろしくお願いします!」。すらっと背は高く、長めの髪に整った顔立ち。彼の名前はK´(Kダッシュ)。自称レイヤード・日本代表である。そして彼の衣裳は青のマントに白の縁取りの戦闘服。“鋼の錬金術師のイケメンキャラ”の衣裳だという。その衣裳代はなんと五万円。その衣裳はキャラの特許をとったロゴ入りの本物の衣裳だそうで、その稀少性からそれくらいの金額はくだらないらしい。はっきり言ってこの手の衣裳は人気のアニメということもあり、似せて作ったものは安くていくらでもある。しかし、あくまで本物にこだわる。そのこだわりと惜しまないお金の使い方に、彼のコスプレに対する熱い思いが伝わってくる。
 
  『コスプレ界の変動〜共通の世界観の喪失〜』
「まずはコスプレの歴史について話を進めていきたいと思います!」こう前置きして彼は黒板に次々と文字を書き込む。まず、コスプレは二つの意味を持っていたこと。一つ目はおたく文化から派生した趣味、もう一つは社会風俗から派生した女性がするサービスのことである。今日話す内容は、前者のこと。まず、コスプレはいつくらいから始まったのか。
 「日本には、“オタク”と呼ばれる人種が多いですよね。それは日本の文化においてアニメや漫画が海外に比べてかなり発達していたからなんです。そういったこともあり、次第にアニメのキャラクターの格好をする人が出てきた。最初はやっぱり・・・・・・」。彼は10分ほど休むことなく話続けた。日本のアニメ文化・コスプレ文化に誇りを持っているのが伝わってくる。1994年頃からコスプレは繁栄期を迎える。そして、コスプレブームはあるモノの普及がきっかけでまた風向きが変わったという。
 「1995〜98年は、コスプレの商業化が始まります。大体、このあたりから撮影重視のイベントとかが増加してきてコスプレイヤー同士の一体感がなくなってくるんですよね。それはなんでかというと、1998年頃からパソコンの普及が大きいんです。今までとは違ってパソコンの普及で、そのコスプレしてる写真を見て、単純に衣裳がかわいいからとかかっこいいからやるって人も増えてきた。いわゆるブームってやつです。まさにいろんな人がコスプレを気軽にやり始めたんですよ。そもそも最近のレイヤーは・・・・。」
 彼はそう続けると、ふんと鼻で笑った。その顔は興味本位でコスプレする奴は目障りだ、とでも言いたげだった。彼は言うまでもなく、何年もレイヤーをやり続けているのである。
 これはまさにレイヤー同士の共通の世界観の喪失である。一方は、自分がしているキャラクターのファンであり、もちろんその漫画のストーリーも完璧にわかる。しかし一方で、自分がしているキャラがなんのアニメかさえわからずに、ただその見た目に惹かれてコスプレをする。彼らの中で達成感や仲間意識はもはや生まれないだろう。いうなれば、最初は一通りしかなかったレイヤーのカタチが分裂したともいうべきなのだろうか。そうなればK´さんのようにコスプレやキャラクターに思い入れがある人は、ますますオリジナルや知識に固執し始める。どうやらコスプレ界に大きな変動が起きていたようだ。     

『二重のロールプレイング』
「今、レイヤーのなかで主流となっているのがコスネームをつけることなんです。彼らはコスネームを作ることによって、『コスネームを持つ自分』と、さらに『キャラクターになりきる自分』という二重のロールプレイングをしていることになるんです」
 コスネーム。この言葉で、コミケ会場でインタビューした本城貴嶺さんを思い出した。彼女もまた、“コスネーム”を持つレイヤーの一人だった。そして彼女はうまく“自分(本名:米林さん)”と“本城貴嶺としての自分”と“ガンダムのラクスになりきる本城貴嶺”を使い分けていた。それがまさに自分というものを持ちながらも二重のロールプレイングをするということなのだろう。
本城さんは、「コスプレは大好きだしやめたくないもの。でもあくまで趣味。日常生活に支障が出るならやめると思う。仕事が忙しいときはコミケに行く回数を減らしたりもします」。あくまでコスプレはロールプレイングゲーム。安定した日常生活があって初めて楽しめるもの。だから日常生活にコスプレを持ち込んだり、日常生活を犠牲にしてまでコスプレをすることはない。
 しかしK’さんは、コミケだけではなく、仕事もK’として生活する。彼には日常と非日常の境い目はなく、そこにはロールプレイングは存在しない。同じレイヤー同士でもこれだけ違う。
 今後コスプレはどうなると思うかと尋ねると、本城さんは「今はまだコスプレは社会には反適合な感じがします。全体的に偏見の目とかあって認められてないっていうか。でも、レイヤーの中ではこれからどんどん広がると言ってる人が多いと思いです!レイヤー向けの雑誌も最近増えてるみたいですし。コスプレ人口も増えてますし。もうすぐ社会に認められるんじゃないかな」。どうやらコスプレは確かに、社会に認められつつあるようだ。
 そのことに対してどう思う。「少し前に名古屋で国際コスプレなんとか?という名目で外国の方(レイヤーさん)を招いて大須の街をコスプレしながら練り歩くといった、少し理解し難い企画がテレビ局経由で開催されたんですよ。でも、私個人としては、そのような企画に対してはっきり言ってひいてます」。レイヤーの中には、コスプレが社会に認められることを喜ぶ人がいる一方で、本城さんのように社会に認められることに不快感を覚える人もいる。
 最後に本城さんはこう言った。「コスプレはあくまで非日常的なもので、あくまで趣味だからこそ楽しいもの」。
Posted by かずき at 2004年11月11日 01:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/999848

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。