2004年10月05日

出だし〜コスプレ焼肉

 

 やっと最初のほうから書けたけど、始まりはコスプレ焼肉からでいいのかなぁ。しかもコスプレ焼肉を通じてわかったこと書いたけど、よくわからなかったり、書いてるの間違ってたりしたらまた教えてな〜。。なんか書きながらどうつなげていいのやら・・・と思ってきて(;;)それにメイド喫茶もよくわからんしどうしよー。あ、あと結局ファッションはいるのかなぁ。要は“実際にコスプレしなくてもコスプレ的思考”ができるよになれば現代社会を生きるうえで一番理想的ってことが言いたいんやんなぁ?それをコスプレ
焼肉で提示するつもりやったけど、予想外に女の子たちがコスプレに対して関心薄かったから、苦肉の策ってかんじやねんけど★ みんなこの論文でなにが言いたい?一本なにか通さないといけないねんけどそれぞれどう思ってるのか教えてほしい☆お願いしますm(==)mあっ、あと今さらながらやねんけど、ある人のツテでゴスロリ・ロリータ・アニメのコスプレイヤーと色んな人の話を頼んだら聞けるみたいで、連絡したら都合は合わせてくれるらしいねんけど、どうする?もういいかなー?
 
 コスプレ。それは多少耳にしたことがあるものの、まだまだ馴染みのない言葉である。その言葉に帯びたイメージは、なんとなく、いやらしい。オタクっぽい・・・といったものではないだろうか。
 2002年8月13日(火)、TBSニュースの森で「コミケに熱狂48万人」と題された特集が放送された。35度にもなる会場に3日間で48万人が集まったのである。そして今年2004年も例外ではなく、全国各地でコミックマーケットやコスプレイベントが開催され、あまりの参加者の多さに会場を急遽増設するところもみられた。
今、コスプレをする人たちは年々増え続け、その数は何万人というものである。この現象を、マイナーな目で見ていくことはもはや限界かもしれない。何万人もの人々を魅了するコスプレとは、一体なんなのか。そしてコスプレを通じて得られるものとは・・?
その答えを見つけるべく、私たちは出かけた。

 とある路地の細道に、その店はあった。煌煌とした店内。コスプレ焼肉というネーミングからは想像できない予想以上の明るさに多少拍子抜けしつつ、店内に入ると奥の席にはすでに一組先客がいた。
「いらっしゃいませ〜」と、店の奥からけだるそうに声がした。黒のミニのメイド服に編みタイツというセクシーないでたち。彼女が最初にテーブルについてくれたリカさん(仮名)である。ぽろぽろと、彼女は色々なものをこぼしていく。野菜に油に、箸からするっと落としてしまう。その度に、はにかむ笑顔がかわいらしい。セクシーな格好に似合わず、彼女の雰囲気はどこかほのぼの、おっとりしている。どうして、コスプレ焼肉で働いているのだろうか。
「やっぱり、時給がいいからかなぁ。家からも近いし。でも、明日でこのバイト辞めるんですよ」そう答えた彼女は少し残念そうに俯いた。なぜ、明日で辞めてしまうのだろう。
「実は、このバイトやってるの彼氏にばれちゃったんですよー。それで別れちゃって、ヨリ戻したいからやめようと思って」なるほど。しかし、なぜ彼氏に黙っていたのだろうか。
「そりゃあ言えないですよ〜。彼氏どころか親にも言えない!別にやましいことするわけじゃないけど、やっぱりこんな格好だしね」そう言いながら、彼女は改めて自分の着ている服を見回した。短いスカートからは太ももがほとんどのぞいている。今日はメイド服だけれど、毎回違うのを着るのだろうか。「ほんとはいつも制服着てるんですよ。でも今日は気分転換てゆうか、友達と交換したんです。でもいつも着る服は大体決まってて、そんなに色々着たりしない。お客さんの要望があったら着替えるけど」あとからテーブルについたアヤさん(仮名)も、「そうそう。着るのはいつも露出が少なめのやつを選んでる。毎回変えるのとか面倒くさいしね」と、相槌を打った。しかし、コスプレ焼肉で働くということは、少なからず、客に性を提供することになるだろう。
「たまに勘違いして触ってくる人とかいるけど、そういう人が一番腹たつ。あと、やたらじろじろ見てきたりとか。ほんとキモい」アヤさんは憤慨して机を叩いた。隣のリカさんも、うんうんとうなずいている。話を聞いていると彼女たちの言うことは、どこか矛盾している。“コスプレ焼肉”には、男性が性的なものを求めて来ているということを理解しつつも、そういう目で自分のことを見られるのは嫌がっているのだ。「お客さんが“コスプレをしている女の子”を見にくるのはわかってる。だから見るだけにしてほしい。携帯を聞いたり必要以上のことをされるのはうざい」といって顔をしかめる。
さらに、彼女達は男性客への不満を口にするとき、二言目にはいつも、「ここはキャバクラと違うんだから」という。どう違うのかと尋ねると、「キャバクラは女の子がそれこそ男の望むままに、演じたりしなきゃいけない。それに自分を売ってる感じがする」
つまり、彼女たちはバイトという免罪符により“性”を全て“コスプレ”に背負わせ、自分たちと“性”を直接結び付けないでと言っているのだ。事実、彼女たちは見た目こそメイドやポリス、女子高生であるものの中身は普通の18歳の女の子だ。あけっぴろげな話し方。豪快に笑い、ツッコミも入れる。そこにはいやらしさは見受けられない。
話を聞いている限り、決して「コスプレが好きだから働く」というわけではなさそうだった彼女たちが、あえて“コスプレ焼肉”で働く理由がわかった気がした。“コスプレ”が免罪符になるーそれが一番の理由だろう。“コスプレ”による変身はないものの、ある種の思考転換が彼女たちのなかで達成されているのかもしれない。バイトという免罪符を盾にして・・。
 
posted by なおみ at 23:27| Comment(10) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かず君が書いてたみたいに非日常的1本でいくのが私もいいと思う。だから、最後にファッション系もってきて私たちも実はコスプレしてるとかそんなんはいらんのじゃないかなって。ファッション系自体書かなくていいんじゃないかな。文もなんか次をどんどん読みたくなるようなかんじがしてうまいって思った。かず君が制服系を入れて書いてたやつのねラブホとプリクラのあるゲームセンタにコスプレがあるのは本当に必須アイテムなんかな??プリクラの方って男の子は入れないでしょ?あのコスプレはどのくらい使われていてなんのためにってわからないからそこまで言っちゃっていいのかなって思うんやけど。
Posted by まなみ at 2004年10月07日 01:32
2002年8月13日(火)、TBSニュースの森で「コミケに熱狂48万人」と題された特集が放送された。コミケとはコミックマーケットの略、漫画同人誌即売会のことで、なんと35度にもなる会場にも関わらず、3日間で48万人もの人々が集まる程の盛況ぶりだったのである。数年前、国内の有名ミュージシャンが10万人規模のライブをしてメディアを驚かせたが、その比ではない。そして今年2004年も例外ではなく、全国各地でコミックマーケットが開催され、あまりの参加者の多さに会場を急遽増設するところもみられた。
 漫画同人誌即売会といってもただそれだけでこれだけの人が集まるわけは無い。他にも手作りのキャラクターグッズや、なんと出版社専用のブースまで用意されているのだ。それともう一つ大きな集客要因がある。それがコスプレだ。コスプレ専用スペースがコミケには必ずと言っていいほど用意されているのだ。そこではアニメやゲームのキャラクターに扮装した人たちがポーズをきめカメラで撮りあったりしている。また、写真を撮るだけのカメ小(カメラ小僧の略)と呼ばれる男性もコミケには数多く存在する。また、コミケから独立して、コスプレ独自のイベントやダンスパーティーも開催されているという。
また、それら以外のコスプレ、例えばスッチー、ナース、女子高生などのコスプレも存在する。風俗業界は不景気の中、今だに巨大市場を持つ。コスプレしゃぶしゃぶ・焼肉なども年々増加している。更には、ラブホテルやプリクラを置くゲームセンターでは、制服は必須アイテムとなりつつある。
コスチュームプレイとは辞書で引くと「時代劇」といった意味が出てくる。今日のイメージとはまったく違う。「コスプレ」と言う言葉自体はもう市民権を得ている。しかし、やはり、それは特殊な人たちが特殊な空間でするものとしての眼差しではないだろうか。
 今、コスプレをする人たちは年々増え続け、その数は何万人というものである。この現象を、このまま稀有な目で見ていっていいのだろうか。何万人もの人々を魅了するコスプレとは、一体なんなのか。そしてコスプレを通じて得られるものとは・・。

その答えを見つけるべく、私たちは出かけた。

『見るだけにして欲しい。それ以上は・・・うざい。Or勘違いが腹立つ。』

日本橋。最近は東京系列の大型家電量販店が都心に進出してきたせいで、電器の町としての活気はあまり感じられない。数年前に倒産した大型百貨店のビルが、その一等地にそびえたっており、シャッターの目立つ商店街に夕闇が訪れた。繁華街から少し外れると、ホームレスたちが目につく。少し場違いな、風俗店を思わせる派手なネオンの立て看板の先に、その店はあった。煌煌とした店内。コスプレ焼肉というネーミングからは想像できない予想以上の明るさに多少拍子抜けしつつ、店内に入ると、まだ六時半だというのに奥の席にはすでに一組先客がいた。
「いらっしゃいませ〜」と、店の奥からけだるそうに声がした。黒のミニのメイド服に編みタイツというセクシーないでたち。彼女が最初にテーブルについてくれたリカさん(仮名)である。ぽろぽろと、彼女は色々なものをこぼしていく。野菜に油に、箸からするっと落としてしまう。その度に、はにかむ笑顔がかわいらしい。セクシーな格好に似合わず、彼女の雰囲気はどこかほのぼの、おっとりしている。どうして、コスプレ焼肉で働いているのだろうか。
「やっぱり、時給がいいからかなぁ。家からも近いし。でも、明日でこのバイト辞めるんですよ」そう答えた彼女は少し残念そうに俯いた。
「実は、このバイトやってるの彼氏にばれちゃったんですよー。それで別れちゃって、ヨリ戻したいからやめようと思って」なるほど。しかし、なぜ彼氏に黙っていたのだろうか。
 「そりゃあ言えないですよ〜。彼氏どころか親にも言えない!別にやましいことするわけじゃないけど、やっぱりこんな格好だしね」そう言いながら、彼女は改めて自分の着ている服を見回した。短いスカートからは太ももがほとんどのぞいている。今日はメイド服だけれど、毎回違うのを着るのだろうか。「ほんとはいつも制服着てるんですよ。でも今日は気分転換てゆうか、友達と交換したんです。でもいつも着る服は大体決まってて、そんなに色々着たりしない。お客さんの要望があったら着替えるけど」あとからテーブルについたアヤさん(仮名)も、「そうそう。着るのはいつも露出が少なめのやつを選んでる。毎回変えるのとか面倒くさいしね」と、相槌を打った。しかし、コスプレ焼肉で働くということは、少なからず、客に性を提供することになるだろう。
 「たまに勘違いして触ってくる人とかいるけど、そういう人が一番腹たつ。あと、やたらじろじろ見てきたりとか。ほんとキモい」アヤさんは憤慨して机を叩いた。隣のリカさんも、うんうんとうなずいている。しかし一番いや客は、と尋ねると「自分らだけで話をしてて、私に無関心な人。だって私いらんやん?ってなるし」。話を聞いていると彼女たちの言うことは、どこか矛盾している。“コスプレ焼肉”には、男性が性的なものを求めて来ているということを十分理解しつつも、性的な目で自分のことを見られるのは嫌がっているのだ。「お客さんが“コスプレをしている女の子”を見にくるのはわかってる。だから見るだけにしてほしい。携帯を聞いたり必要以上のことをされるのはうざい」といって顔をしかめる。

『ここはキャバクラじゃないorいやらしいのは制服だけ』

さらに、彼女達は男性客への不満を口にするとき、二言目にはいつも、「ここはキャバクラと違うんだから」という。どう違うのかと尋ねると、「キャバクラは女の子がそれこそ男の望むままに、演じたりしなきゃいけない。それに自分を売ってる感じがする」。そう彼女らにとってこの場所は焼肉屋なのである。
つまり、彼女らにとってキャバクラは女性が性を売る空間。逆に”コスプレ焼肉”は、“コスプレ”が”性”を背負い、自分たち自身は“性”を売っていない空間と考える。だからこそコスプレ焼肉の従業員が足りなくなることはない。彼女たちは見た目こそメイドやポリス、女子高生であるものの中身は普通の18歳の女の子だ。あけっぴろげな話し方。豪快に笑い、ツッコミも入れる。そこにはいやらしさは見受けられない。むしろいやらしく見られないように努めているのかもしれない。「いやらしいのは制服だけ」そう言いたげだった。
 話を聞いている限り、決して「コスプレが好きだから働く」というわけではなさそうだった。楽して儲ける。それが"コスプレ焼肉”で働く一番の理由だろう。しかし楽して儲けるためには”性”を売る必要がある。男性はもちろん多数が”性”を求める。それに対し女性は“コスプレ”、"コスプレ焼肉”という空間、これらを結びつけ、”自分と結びつかない性”だけを売るという、ある種の思考転換が達成されているのかもしれない。



かずきの改正版に付け加えてみた。コスプレとコミケの繋がりがいまいち薄かったから書いてみた。あとコスプレ焼肉の情景描写をより想像しやすいように、日本橋の記述もしてみた。
 あと最後の段落の「話を聞いてる限…」からは、確かに言いたいことははっきりするんだけど、記事として断定しすぎで、結論付けすぎな気がするのですがいかがでしょう。
Posted by at 2004年10月07日 04:21
 出だしのところだけど、確かに説明多いしわかりやすいんだけど、ちょっと多い気がする。コミケがコミックマーケットの略だっていう説明はいると思う。あと詳しいコミケの説明だけど、一応<コミケ>のとこで状況描写もあることだし入れなくてもいいんじゃないかな?最初にこっちが全部提示するより読み手が読み進めながら理解していくってスタイルを目指すわけやし☆同じで、辞書説明のとことかはなくていいと思う。コミケ系以外のコスプレについては抜けてたから入れるとして、出だしの量は基本は奥本君ぐらいの量でいいんじゃないかな。あと、日本橋からの描写は私も入れようか迷ったとこやってん。読んでみたらやっぱり読み手がイメージつきやすいかなって思った。でも枚数の問題もあるし、ここはいけそうやったら入れよう。後半は、OK。
Posted by なおみ at 2004年10月07日 19:32
 出だしのところだけど、確かに説明多いしわかりやすいんだけど、ちょっと多い気がする。コミケがコミックマーケットの略だっていう説明はいると思う。あと詳しいコミケの説明だけど、一応<コミケ>のとこで状況描写もあることだし入れなくてもいいんじゃないかな?最初にこっちが全部提示するより読み手が読み進めながら理解していくってスタイルを目指すわけやし☆同じで、辞書説明のとことかはなくていいと思う。コミケ系以外のコスプレについては抜けてたから入れるとして、出だしの量は基本は奥本君ぐらいの量でいいんじゃないかな。あと、日本橋からの描写は私も入れようか迷ったとこやってん。読んでみたらやっぱり読み手がイメージつきやすいかなって思った。でも枚数の問題もあるし、ここはいけそうやったら入れよう。後半は、OK。
Posted by なおみ at 2004年10月07日 19:33
 まなみちゃんの意見に対して、私はあの文、べつに入れてもいいんじゃないかなと思う。最近ラブホでもプリクラでも、どこも全部とは言えないけど、コスチューム置くのが増えてきてるのは事実やし、日常生活にも<コスプレ>はある、っていう例に使うわけやし。そんな深く考えなくても大丈夫やと思うよー。
Posted by なおみ at 2004年10月07日 19:40
 出だしのところについて。俺的にも必需品はいいすぎかなとも思ったけど、数が増加してることは確かやし。ラブホはしらんけどプリクラには結構あると思う。コミケに比べてインパクトなかったから何かはいれなあかんと思ったんよ。

 こうへいの最後の意見に対して。確かにそうも思う。最後だけ急に論っぽくなってる気もする。みんなの意見ORみんなならどうするかの提示をお願いしまっす。店からでいいと思う。


 逆に前半の描写。日本橋=オタクっぽい街の強調にも見える。いらんかも。


 あと「漫画同人誌即売会といってもただそれだけでこれだけの人が集まるわけは無い。他にも手作りのキャラクターグッズや、なんと出版社専用のブースまで用意されているのだ。・・・・・
・・・・また、コミケから独立して、コスプレ独自のイベントやダンスパーティーも開催されているという。」使うならコミケに来てからちゃう??一番初めはとりあえず前ふりくらいで

Posted by かずき at 2004年10月07日 22:04
こうへい君の最後のとこは私も納得してるんやけど、楽して儲けるためには性を売るっていう文がひっかかるんよね。性を売ることを楽って言っていいのかな。確かに時給いいから働いてるって言ってたし、お客がなんだかんだって文句つけてたけど結局は露出の多いかっこうして働いてるわけやし楽といったらそうなのかもしれんけど、他にいい言葉はないのかなって思います。日本橋の描写なんやけど、私もいらんかなって思った。この前のコスプレ焼肉は電気街とはまったく逆にあったし梅田の焼肉もどっちかといったら結構ラブホとかそんなんが集まったとこにあったし。使うんやったら日本橋の喫茶を書くときに使ったほうがいいんじゃないかな。
Posted by まなみ at 2004年10月07日 23:59
こうへい君の最後のとこは私も納得してるんやけど、楽して儲けるためには性を売るっていう文がひっかかるんよね。性を売ることを楽って言っていいのかな。確かに時給いいから働いてるって言ってたし、お客がなんだかんだって文句つけてたけど結局は露出の多いかっこうして働いてるわけやし楽といったらそうなのかもしれんけど、他にいい言葉はないのかなって思います。日本橋の描写なんやけど、私もいらんかなって思った。この前のコスプレ焼肉は電気街とはまったく逆にあったし梅田の焼肉もどっちかといったら結構ラブホとかそんなんが集まったとこにあったし。使うんやったら日本橋の喫茶を書くときに使ったほうがいいんじゃないかな。
Posted by まなみ at 2004年10月08日 00:01
日本橋の記述確かに多いかもしれないけど、いきなり「とある…」で始まるとなんか無粋かなと思ったんやけど。あれではあまりに少なすぎない?
あと最初のコミケの説明部分だけど、前のままだとコミケ=コスプレみたいに見えて、この二つの繋がりを始めに明確にしといたほうがいいかなと思ったので付け加えたんだ。


あと、最後の部分俺なりに提案します。あまり結論付けずに、書いてみたんだけどいかが?最終的にはコスプレ焼肉という「空間」が「性」を想起させてて、本人たちは「性」を想起されたくない。それが最後、私たちにも伝わってきた…みたいなのを匂わせたいんだけど。よくわからんかな?やりすぎかな?

 いやらしい制服といやらしくない自分。彼女たちにとって、この両者が同居するのにもはや何の矛盾も無い。男性のいやらしい眼差しを背後に感じながらも。
 帰り際、リカさんが「また、来てねー」と違うテーブルから立って声をかけてきた。明日辞めるんじゃなかった?と聞くと、あそうだったと舌を出した。そう言って座り直すリカさんの短いスカートが妙に自然な気がした。
Posted by at 2004年10月08日 04:02
あ、上の俺ね。あと、これは「話を聞いている限り…」の代わりに入れるってことね。
Posted by こうへい at 2004年10月08日 04:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/746273

この記事へのトラックバック

『コスプレ焼肉』訂正版
Excerpt: こーへい、野田ちゃん。岡本さんにまかせっきりになってますよー。子供やないんやから、責任ははたしましょー。   コスプレ。それは多少耳にしたことがあるものの、まだまだ馴染みのない言葉である。その言葉に..
Weblog: かじゅきのページ
Tracked: 2004-10-06 02:52

10/10 コスプレ焼肉改正版
Excerpt:  コスプレ。それは多少耳にしたことがあるものの、まだまだ馴染みのない言葉である。その言葉に帯びたイメージは、なんとなく、いやらしい。オタクっぽい・・・といったものではないだろうか。  2002年8月1..
Weblog: かじゅきのページ
Tracked: 2004-10-10 05:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。